ENTRY

PEOPLE

解決できないことだらけ。だから、探求したくなってしまう。解決できないことだらけ。だから、探求したくなってしまう。

  • 近藤 悠生
  • 教育事業部
  • 2014年入社/慶應義塾大学 大学院 理工学研究科卒

05 YU KONDOU

組織って面白い。
組織開発を学びたくて、入社。

学生の頃、いちばんのめり込んでいたのは、ボランティア活動。100人以上の大規模な組織を立ち上げ、運営していました。大きな団体だから、常に組織内でさまざまな問題が発生。急拡大する組織に体制が追いつかず崩壊寸前になったり、重要人物が抜けてしまったり。そんなトラブルを解決するために、理念づくりやマネジメント体制の再構築など、さまざまな手立てを打つなかで組織づくりの面白さを知ってしまったんです。だから、組織開発、事業開発をできるジェイックに入社しました。もともと好きだった「7つの習慣」をビジネスに取り入れているのも良かったし、何より人の可能性を信じる就職カレッジのビジネスモデルに感銘を受けたのが、入社の決め手でしたね。

何も分からないからこそ、
聞いて、聞いて、聞きまくる。

1年目の終わり頃から大型プロジェクトを受注できるようになりました。その理由は、自分のなかで「営業」を定義し直したこと。もともとあった「営業=売ること、しゃべること」というイメージを壊し、「営業=聞くこと」と考えを改めたんです。事業ビジョンから組織戦略、評価基準、社内の人間関係まで。入社1年目の若造なんだから何も分からなくて当たり前。そう開き直ってとにかく聞いて、聞いて、聞きまくる。すると企業の課題が見えてくる。お客様もみずから悩みを話してくれるようになるんです。ケガをしている患者さんがいたらドクターはまず問診し、症状を理解するところから治療を始めますよね?ジェイックの仕事は、まさにそんな「企業のホームドクター」。聞くことで安心感が生まれ、信頼関係を築くことができるんです。

会社やお客様に育ててもらった。
今度は、私が育てる番。

とは言え、企業を変えていくソリューションは一筋縄ではいきません。営業力を強化しても業界自体が縮小傾向だったら厳しい、研修をやるだけでは継続的な組織強化にはつながりにくい、など簡単には解決できない問題が山積みで苦しいことばかり。でも、だからこそ本当の解を追求してしまう。難題が好きなんです、きっと。壁にぶつかるたびにお客様と一緒に悩み、社内の先輩にも何度も相談した。そのおかげで成長することができました。入社3年目を迎えて、合計3人のチームを持つことに。今度は私が後輩を育て、チームを育てる番。学生のときに描いていた組織開発のイメージより、実際の仕事はずっと幅広く、奥深い。この面白さをもっともっと経験していきたいですね。