ENTRY

PEOPLE

日本を変えるビジネス。この会社なら、つくれる。日本を変えるビジネス。この会社なら、つくれる。

  • 轡 恵里
  • 経営企画部 
    組織開発グループ シニアマネージャー
  • 2008年入社 国際基督教大学 教養学部卒

03 ERI KUTSUWA

人事部、立ち上げ。
ミッションでつながる採用活動へ。

入社して最初の3年間は、教育事業部で適性診断の営業として年間200社の新規開拓をし、3年目には年間売上6000万円の商材責任者を務めていました。そんな中、2011年に今の常務と2人で人事部の立ち上げを任されることに。リーマン・ショックを乗り越えた後、新卒採用にドライブをかけ、さらに強い組織をつくっていくための部署新設でした。採用活動で特に意識したのは、ジェイックの企業ミッションをしっかり伝えていくことでした。私たちの使命やビジョンに共感してくれる人にしか、ジェイックの未来はつくれない。全社を巻き込み、採用活動を展開しました。今や社員数は2倍となり、2011年以降の入社社員が全社員の5割を占めることとなり、採用の成果を実感しています。その間に「人事部」という部署名も、今の「組織開発」に変わりました。

他社がマネできないビジネスができる。
何があってもやりぬく組織があるから。

ジェイックという組織の強みは、一人ひとりが自社のミッションを実現しようと考えているところだと思います。本気で「CHANGE PROMOTER」をめざしているからこそ、同業他社が「ここまでやるの?」とあきれるほど、とことん本質を突き詰めたソリューションを提供できる。まさにジェイックの会社風土そのものが参入障壁となり、他社にはマネできないビジネスを展開し、成長することができているんです。今後も事業成長のポテンシャルは大きく広がっています。でも、今はそれを実行する人が足りない。だからこそ今、私たちは人材採用と教育に力を入れたいと考えていますし、これから入社する人たちへの期待はとても大きいんです。

社員にとって、いい会社をつくりたい。
社会にとって、いい会社づくりに
つながるはず。

これからは、社員一人ひとりにとって、もっといい会社にしていきたいと思っています。私が考える「社員にとってのいい会社」というのは、社員が思いきり挑戦でき、成長できる。そして、世の中に価値を提供できるビジネスパーソンになれる会社ということです。そんな社員たちの成長をとおして、ジェイックをもっとよく、もっと強く、もっと大きくしていきたい。ジェイックはマーケティングが強く、営業拠点のない地域もたくさんのお客様がいます。そんなお客様に、よりきめ細かい良いサービスを提供していくには、ジェイック自身の成長拡大は必要不可欠だと考えています。そのために私自身がもっと成長し、よりよい組織づくりにチャレンジしていきたいですね。