ENTRY

PEOPLE

独立するより、この会社にいるほうが面白い。独立するより、この会社にいるほうが面白い。

  • 柳井田 彰
  • 新卒カレッジ事業部 
    ゼネラルマネージャー
  • 2007年入社 早稲田大学 理工学部卒

05 YU KONDOU

入社5年で、起業を。
そのために選んだのが、ジェイックだった。

大学時代、いつか独立起業したいと考えていました。だから、就職活動では、「経営者との人脈がつくれること」「さまざまな業界にふれられること」「小さな会社でたくさんのチャレンジの機会がもらえること」を軸に企業探し。ジェイックはまさにそんな企業でした。加えて、成長志向も高く、営業研修サービスも展開していたので、営業を体系的に学べそうだと感じたのも入社の理由になりました。そして入社後、新人研修を経て部署配属から半年。大阪支店立ち上げに参画することになりました。突然の決定に驚きましたが、これは大きなチャンス。ちょうど仕事に自信を持ちはじめ、自分の力を試してみたいと考えていたタイミングだったのです。こんな一大プロジェクトに若手を抜擢する風土は、今も変わっていないと思います。

ゼロからの支店立ち上げ。
リーマン・ショックも乗り越える。

ゼロからの支店立ち上げは、想像以上に何でも自分でやらなければいけませんでした。企業への営業や求職者との面談、研修の講師はもちろん、社内の備品購入まで全部やる。自分で買った観葉植物には思い入れがありましたね(笑)。私自身、新人賞を取るなど支店立ち上げは順調でしたが、一変したのがリーマン・ショックでした。不況のせいで、就職カレッジ生に紹介できる会社は激減。直後の1年は赤字に転落しました。でも、このピンチのおかげで強くなれたと思っています。営業のトークスキルだけじゃダメ。本当に相手が必要としているものを深く考え、提案し、信頼でつながっていく大切さに改めて気づくことができたんです。その後、大阪支店の業績はV字回復を果たし、2014年には大阪と名古屋を統括する西日本事業部の部長に。29歳の時のことでした。

今度は本社で、事業推進。
今、独立したら、もったいない。

2015年からは本社に戻り、マーケティング責任者に。他の人材紹介会社やWeb広告会社との提携を組み、求職者の集客を高めた後、新卒カレッジに異動しました。事業部長として、戦略立案、売上管理、マーケティング、メンバーのマネジメントなど、事業運営をまるごと任されています。入社して10年。支店立ち上げから、エリア統括、マーケティング責任者、事業責任者まで。こんなにも多彩な経験を積めるとは思いませんでした。5年で独立するはずが、今もまだ辞められずにいるのは、こんなビジョナリーで面白い会社を1人でゼロからつくれるのは至難の業だと思うから。この会社で、この仲間たちと2020年には売上50億円を達成し、株式上場をめざしたい。こんなタイミングで独立してしまうのは、もったいなさすぎますよ。