第1回 「組織が継続的、長期的に成果を出し続ける原動力とは?」(前半)

2013/11/01
「7つの習慣®」事務局です。

コラムコーナー、まずは代表の佐藤が、
専門誌「月刊人事マネジメント」に連載している

 「7つの習慣®」で実践する組織作り

を何本かご紹介していきましょう。


ジェイック代表の佐藤です。
本稿では、長年、人材教育事業に取り組んできた経験を元に、
少しでもお役にたてる情報発信をしていければと思いますので、
よろしくお願いいたします。

先日、ある大手企業で人事部長を務めるKさんとお会いしたのですが、
「もっと良い組織にするためにどうするか、日々頭を悩ませているけど、
考えていくと“組織風土”や“社風”といった漠然としたテーマに行きつく。
大事だと思うが、どう取り組んだらいいか難しい」と悩まれていました。
常日頃、人材開発を通じて組織にどう貢献するかを考えていらっしゃると、
共感される方が多いかも知れません。

言わずもがなのことですが、
企業が求められていることは、顧客に対して価値を提供し、
それにより継続的、長期的に成果を出し続けることです。

その中で人事や人材開発という仕事は、
組織の資産である「人」を採用する、配置する、育てる、評価するという
一連の流れを通じて、組織の成果に貢献するという、中核になる役割です。


そもそも組織が成果を出し続けるために何が必要でしょうか。
事業戦略、それを実現する実行力、核となる技術力など、
さまざまな要素が思いつきますが、先日お話を伺ったシステム会社、
D社の社長はこんな風に仰っていました。


「昔は『何をやったら儲かるか』、
 『どういう商売をすればいいか』にばかり
 目がいっていました。

 でも、ある時、それは間違いであることに気付いたんです。

 目の付け所が良くても、インフラが足りない、
 社員の能力が足りないなどの理由で失敗していたのです。
 良いアイデアも人がいなければ実現できません。
 結局、トータルの遂行能力が必要なんです。

 もちろん事業の内容も大事ですが、
 同じくらい、組織の能力を高めなければいけない。

 組織改革、人材育成という話です。
 それがしっかりしていないと企業は成長できない。
 『いい商売見つけた』では長続きはしません。

 逆にいうと、人と組織がしっかりしていれば、
 どんな商売をしても負けることはない。

 そんな考えに変わって、教育に力を入れるようになりました。

 当時、私は『現場力』と呼んでいたのですが、
 現場力を高めるための人材育成です。

 教育投資も、株主から怒られそうなぐらい使ってきましたが、
 それぐらい重要だと考えています。

 『現場力』を高めるための教育の中でも、
 重視したのが『人間力教育』です。

 以前は多くの社員が自己流で業務を進めていて、
 『成果さえ上げてりゃいいんでしょ?』といった風潮でした。

 私は『業務処理能力、スキルを磨くよりも先に、
 もっと基本的な考え方をしっかり身につけさせなくては、
 この先、戦っていけない』と感じたのです。」


組織が成果をあげる源泉は人材、なかでもスキルや専門性よりも
「考え方」だという意見に頷かれるところはあるでしょうか。

D社は10年以上、教育投資に力を入れ続け、その甲斐あって、
システム開発の海外化が進む中、またリーマン・ショック後の不況時にも
素晴らしい業績をあげていらっしゃいます。

われわれは多くの会社で社員教育に携わる中で、
組織が成果をあげ続けるためには、社員の考え方を育て、
組織風土を磨き上げていくことが最も重要だと確信しています。

教育の世界では、考え方とスキルの関係を樹に例えて説明します。
地面の上にある幹や枝・葉が「スキル」で、
地面の下にある根っこに当たるのが「考え方」です。

樹がまだ小さく、苗木のような状態なら、小さな根で充分です。
しかし、枝を伸ばし、葉を茂らせていけば、
枝葉の重さが増し、周囲からの風雨も厳しくなります。

その状態で根を張らずに枝葉だけを伸ばすと、
少しの嵐で根こそぎ倒れてしまいます。

大樹になろうと思えば、根を広く深く伸ばしながら、
徐々に幹を太くしていくしかありません。

日ごろから効果的な考え方を身につけていく。
それに従って、スキルが生きるようになり、成果へつながりやすくなる。
それが成果を出し続けるための原則です。

スキル教育をしなくていいわけではありません。
ただ、スキルを効果的に生かすためには、考え方の土台が必要なのです。

(後半へつづく)



----------------------------------------------------------------------
「7つの習慣®」事務局

「7つの習慣®」無料体験セミナーの日程確認、お申し込みはコチラ
http://www.jaic-g.com/7h/freeseminar/experience/

「7つの習慣®」の導入事例はコチラ
http://www.jaic-g.com/7h/casestudy/

「7つの習慣®」に関す無料レポートのダウンロードはコチラ
http://www.jaic-g.com/7h/download/


TEL  :03-5282-7600
e-mail:info@jaic-g.com
----------------------------------------------------------------------
リストに戻る
ページトップへ